乳がん検診は何歳から受診可能?

乳がん検診はどんな女性にとっても、大変大切な検診です。乳がんを発症するリスクはすべての女性にあるので、定期的に検診する必要があります。検診を受けて早めに発見できれば、完治することもできますし、今なら色々な治療方法が開発されているので、乳房を切除することなく治療することも可能です。 しかし、検診を受けることに抵抗を感じる方が多いのも事実でしょう。恥ずかしさや不快感をどうしても感じてしまったり、費用的なことも問題になるかもしれません。 しかし、自治体によっては年齢によって無料で検診が受けられるように援助してくれるところもありますし、健康に暮らしていけるのなら、多少の負担も命にはかえられません。自治体が発行している新聞などによく目を通して、検診に掛かる費用の補助が受けられるサ-ビスのお知らせを見逃さないようにしましょう。また、心理的な負担も女性の医師による検診を受けるなどして軽減することもできます。何よりも自分の命、また家族のことを考えると、検診を受けるリスクよりも、受けないリスクの方が圧倒的に大きいことは言うまでもありません。自分は大丈夫だろうなどという甘い考えは捨てて、女性なら誰にでも発症する可能性のあるものとして、自分や家族の未来のために乳がん検診を定期的に受けることが必要です。

おすすめLINKS

乳がん検診には、視診、触診、マンモグラフィー、超音波など様々な種類があります。マンモグラフィーは若い人には向かないと言われていますし、乳房には個人差があります。検診は自分に合う方法で受診をしましょう。

乳がん検診にかかる費用について

日本では乳がん検診を活発にすることが進んでおり、検診を奨める動きが活発化した原因として、乳がん患者の若年化が問題となっています。乳がん検診は、触診と視診が中心となり、マンモグラフィー検査というX線を用いた検査で、がん病巣を特定する方法が主となりますが、本当に乳がん検診が有効的かと言えば、様々な意見があります。 本来、乳がんの発症年齢としてもっとも多い年齢層が50歳以降で、若年期に乳がんになる確率は低いです。ただ、女性の喫煙が若年化したことや食の欧米化、飲酒、性交渉の若年化など様々な原因があり、必ずしもこれが原因と特定することが難しいですが、おおよそこのようなことが乳がん発症のリスクを高めています。 マンモグラフィーによる放射線被ばくも問題となって、外国ではこの検査を奨励しない国もあります。 40代から徐々に確率が上昇する乳がんでは、遺伝的要素である家族性乳癌などでは、BRCA1やBRCA2遺伝子が変異することにより乳がんが発症すると言われ、このBRCA遺伝子は元々、がんの出現をブロックする役割があるのですが、この遺伝子の変異により逆に乳がんとなってしまいます。 BRCA遺伝子を親から受け継ぐ人は、乳がんが高い確率で発症し、これを避けることは難しいと考えられます。 早期で遺伝子検査を行うことで乳がんの確立を知り、早期での治療を行うことが出来るでしょう。

アーティクル